2012年10月15日月曜日

胃下垂と食事

しばしば胃下垂の人は食事の時間が苦痛です。
消化不良で胃や腸に不調が出たりするためです。
胃下垂は胃の機能が落ちていることも多く、少しでも食事で体に栄養を巡らせることを考えなければなりません。
・低脂質、高タンパクの食事。
・食事はリラックスした状態でよく噛んで。
・1回の食事の量を減らし、回数を増やす。
・食後、腸に食べ物が送り込まれやすくするために体の右側を下にして横になる。

などが基本です。
ただこれはあくまで基本であって、例えば食事の量を増やし回数を減らすほうが体に合っている人もいます。
自分の症状と相談し合って、適宜ベターな選択をしていくことが大切です。